水島弘史シェフ「レタス炒飯」レシピ・作り方!弱火調理法でチャーハン!低温加熱 料理【金スマ・9月9日】

弱火コントロールで絶対失敗しない料理

2016年9月9日放送の中居正広が司会

「(金スマ)金曜日のスマイルたちへ

弱火料理人の新レシピ!水島弘史シェフが登場。

低温加熱・弱火調理で「レタスチャーハン(炒飯)

の作り方レシピを紹介してくれました。

 

目次

 

低温加熱料理法として弱火で美味しく作る調理法で話題!

人気の水島弘史さんが今回も金スマに登場して

レシピを紹介してくれました。

 以前のレシピはこちらです

【金スマ】水島弘史「餃子」レシピ・作り方!弱火・切り方【中居正広のキンスマ・8月19日】 – ひよこのブログ(・θ・)

【金スマ】野菜炒め レシピ・作り方!水島弘史の調理法【中居正広のキンスマ・8月19日】 – ひよこのブログ(・θ・)

 

『水島流レタスチャーハン』

  • ベチャベチャにならない
  • パサパサにならない
  • 焦がす心配がない

 

水島弘史シェフ流「弱火でレタスチャーハン」レシピ

 

材料

レタス

長ネギ

温かいご飯

水・油 適宜

塩コショウ

醤油

ごま油

 

作り方

スポンサーリンク

 

①水島流の野菜の切り方でまず、レタスを食べやすい大きさに切ります。

 

②長ネギをみじん切りにします。

片側に斜めに切り込みを入れて反対側にも切り込みを入れると

みじん切りが簡単になります。

 

③溶き卵を作ります。

お箸を卵に突き立てて一文字を書くように力ずよくかき混ぜる。

※切るように混ぜるのがポイント

 

④温かいご飯を使います。

 

⑤ご飯をボールに入れたざるの中に一旦、入れます。

お水をかるく2杯くらいかけてごはんをほぐします。

※炊き立てのご飯はでんぷん質が糊状になっているため

水をかけてはがす

 

⑥油をちょっとごはんにかけて全体に回す。

 

ご飯の表面を膜でコーティング!

中の水分の蒸発を防ぎふっくらに

さらにパラパラに仕上がります。

 

⑦フライパンに火をつけず、油と溶き卵を入れます。

 

⑧ここで、弱火にかけてゆっくり混ぜます。

 

⑨だんだん卵がとろんと固まってきます。

このまま作るとふわふわなスクランブルエッグもできる。

 

⑩卵に塊ができてきたら

下準備したご飯を入れて切るように混ぜます。

 

⑪ご飯をほぐしながら3分混ぜます。

長ネギを加えて2分切り混ぜます。

スポンサーリンク

 

⑫レタスを加えて塩コショウ・醤油で味付けします。

 

⑬香りが出たら真ん中をあけて最後は強火で30秒だけ炒める。

風味づけのごま油は最も熱くなっているフライパンの真ん中に

入れて香ばしさを出せば完成です。

 

最後に・・

炒飯も弱火調理で美味しくなるのですね。

以前も水島シェフが弱火調理を教えてくれましたが

作ってみると美味しかったので今回も作ってみよう♪

水島シェフの調理法が載っているレシピ本がたくさん出されて

いますのでチェックしてみてくださいね^^♪

 

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です