【NHKきょうの料理・荻野恭子】手打ちうどん レシピ・作り方!ポリ袋で簡単レシピ【8月29日】

ポリ袋漬けのすすめ  気楽で簡単おいしさ本物

2016年8月29,30日NHK放送「きょうの料理」

ポリ袋でラクラク「手打ちうどん」の作り方

レシピを荻野恭子さんが教えてくれました。

 

目次

 

「手打ちうどん」レシピ

 

本格的な手打ちうどんがポリ袋で簡単にできます♪

 

材料(4人分)

強力粉(打ち粉用) 適量 

かたくり粉(打ち粉用) 適量

 

【A】

強力粉 150g(or中力粉)

薄力粉 150g(or中力粉)

塩 小さじ1/2

 

作り方

①基本の生地をつくります

ポリ袋に【A】の材料を入れて口を押さえて袋ごと10回ほどふって混ぜます。

 

②粉と塩がよく混ざったら袋ごとボウルに入れて中にぬるま湯(150g)を加えます。

ボウルから取り出して①と同様にふって混ぜます。

スポンサーリンク

 

③生地がまとまってきたら台の上に置いて粉っぽさがなくなるまで

袋の上から30回ほどもむこみます。

袋の上からひとまとめにして室温で30分間以上休ませます。

生地を取り出して4等分に切ります

 

④台に打ち粉用の強力粉をふり、生地を1コのせます。

麺棒で30×15cmにのばします。

 

⑤生地に打ち粉用のかたくり粉をたっぷりとふり

生地を裏返して裏面にも同様に打ち粉をします。

※かたくり粉を使うのは生地同士のくっつきを防ぐため

 

⑥生地をびょうぶ畳みにします。

 

⑦生地を端から5mm幅に切ります。

残りも④~⑦の工程と同様にする。

 

【生地の保存方法】

すぐに使わない分は冷凍保存で約1か月間保存可能です。

 

★4等分で保存する場合・・

作り方③で生地を4等分し、1個ずつかたくり粉をまぶしてラップで包み

みます。

ポリ袋に入れて冷凍庫で保存します。

使うときは常温で解凍してから使います。

 

★5mm幅に切って保存する場合・・

 

つくり方⑦で生地を5mm幅に切ったら、1個分ずつかたくり粉をまぶし

ラップでゆるめに包みます。ポリ袋に入れて冷凍庫へ保存。

使うときは常温で半解凍してから使います。

スポンサーリンク

 

生地をちぎってゆでる「すいとん」レシピ

 

「手打ちうどん」のつくり方③で4等分した生地1個を指で引っ張り

一口大にちぎりながら沸騰した湯に入れだけ。

生地が水面に浮き上がってからプクッとふくらむまで3分間ほどゆでれば完成。

 

[続]ポリ袋漬けのすすめ 肉・魚編

[続]ポリ袋漬けのすすめ 肉・魚編

 

 

NHKテキスト きょうの料理 2016年 09 月号 [雑誌]

NHKテキスト きょうの料理 2016年 09 月号 [雑誌]

 

 

【肉汁うどん】レシピ

【NHKきょうの料理・荻野恭子】肉汁うどんの作り方レシピ!ポリ袋でらくらく【8月29日】 – ひよこのブログ(・θ・)

【焼きうどん】レシピ

【NHKきょうの料理・荻野恭子】焼きうどんの作り方レシピ!ポリ袋でらくらく【8月29日】 – ひよこのブログ(・θ・)

 

最後に・・

ポリ袋で作れるのはうれしいですね。洗い物も減りますし

子供作れるほどお手軽なので家族で楽しく作ってみてくださいね。

すいとんは汁物の具にすれば、うどんとはまた違う食感になり

美味しいです。早速作ってみよう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です