【みきママ】うな丼の作り方・レシピ!時短簡単マジックレシピ!【バイキング・8月8日】

おとなの週末セレクト「夏の『うなぎ三昧』」〈2016年7月号〉 [雑誌] おとなの週末 セレクト

2016年8月8日放送「バイキング」

坂上忍とみきママのマジックレシピ

うな丼」「お吸い物」の作り方を紹介。

ちくわでかさ増しするうな丼レシピは必見!

 

目次

 

※ひよこのブログ内記事はすべて無断転載禁止です。

 

「うな丼」レシピ

川口水産 国産うなぎ3種組み合わせセット かば焼き 合計約300g たれ・山椒付き グルメ ギフト

作業時間★25分

1人前★415円

 

うな丼をちくわでかさ増し♪

さらに、すし酢の代わりに梅酒を使います♪

 

材料(2人分)

うなぎ 1/2尾(130g)

ちくわ 5本(125g)

酒 大さじ2

熱いご飯 丼ぶり2杯分(600g)

梅酒 120cc

白ごま 大さじ2

昆布だしの素 小さじ1

みょうが 3本

山椒 お好み

 

(A)

砂糖 大さじ2

水 大さじ3

 

(合わせ調味料:B)

みりん 大さじ2

醤油 大さじ1と1/2

片栗粉 小さじ1/2

スポンサーリンク

 

作り方

みきママ流のすし酢を作る

【梅酒&みょうが&昆布だしの素】

 

①耐熱容器に梅酒を入れ、ラップをせずに600wの電子レンジで4分加熱。

アルコールや水分をとばすように煮詰める。

 

 

みょうがを千切りにして加熱した梅酒に加えてさらに30秒加熱。

昆布だしの素を加えて爽やかなすし酢の完成。

 

②寿司桶に温かいご飯を入れる。

※ボウルでも可

 

パール金属 木製 飯台 30cm 約 4合用 和の里 C-2961

パール金属 木製 飯台 30cm 約 4合用 和の里 C-2961

 

 

桶の中に①の特製すし酢と白ごまを入れてよく混ぜます。

丼ぶりに2等分に分けていれる。

 

③下準備をします

ちくわは、4と1/2本を、縦に三等分になる所を切り落とさないように

深く切り込みを入れしっかりと開く。

開いたものを横に4等分に切って計18個にします。 

残りの1/2本は輪切りに4つに切って2つだけ切り込みを入れて

切り込みを入れていないものにはさんでリング状にします。

うなぎは横半分に切り、それぞれを4等分にして計8個にする。

 

④耐熱皿にちくわとうなぎを入れて

酒をふりかけてふんわりとラップをして

600wの電子レンジで温まるまで2~3分加熱する。

※レンジで酒をふりかけて加熱するとアルコール成分で保水力が高まり

ちくわとうなぎがふっくらとやわらかくジューシーに!

スポンサーリンク

 

⑤カラメルソースの蒲焼のたれを作る。

蒲焼のたれはカラメルソースを先に作ること

⇒香ばしい香りと弱い苦味が加わり

老舗のうなぎ屋さんのようなコクのあるタレに。

 

フライパンに(A)の材料を入れて強火で3分ほど火にかけます。

時々フライパンをまわしながら

全体に均一にきつね色になったら一旦火を止める。

よく混ぜた(合わせ調味料:B)を少しずつ加える。

弱めの中火にして、木べらで混ぜながらとろみがつくまで30秒ほど煮詰めます。

 

※タレに片栗粉を入れることで、すぐにタレがちくわとうなぎによくからみ

お店で時間をかけて焼きながらタレをからめたような美味しさに♪

 

⑥④のうなぎとちくわを入れて蒲焼のタレにさっと絡めます。

丼ぶりに、うなぎ、ちくわを盛り付けて山椒をかける。

 

「お吸い物」レシピ

 

材料(2人分)

冷たい水 300cc

白だし 大さじ3

とろろ昆布 2g

小口切りした青ねぎお好みで

 

作り方

 

①お椀に材料を半量ずつ入れて水を半量ずつ入れて混ぜる。

 

②最後に輪切りにして繋いだちくわを入れれば完成です。

 

 

 

最後に。。

うなぎにちくわでかさ増しということで

見た目もうなぎそっくりでした。

梅酒で、すし酢の代わりになるとはびっくりです。

坂上忍さんは既製品のたれよりも美味しい!と大絶賛でしたよ♪

ぜひお試しくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございます。

明日は「ゴーヤチャンプルー&サラダ」レシピです。お楽しみに♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です