【今でしょ講座】オムライスレシピ!科学の力で名店の味(たいめいけんのタンポポオムライス)【水島弘史・7月19日】

洋食や たいめいけん よもやま噺 (角川ソフィア文庫)

2016年7月19日放送「林修の今でしょ!講座

オムライスレシピ!科学の力で家庭料理を名店の味に!

 (たいめいけんのタンポポオムライス)

他に、ハンバーグ・うなぎの蒲焼きレシピも紹介されます。

 

目次

 

フランス料理シェフの水島弘史先生が紹介。

科学の知識を料理に応用!

超人気料理教室の先生です。

 

 

たいめいけんのタンポポオムライス

 

名店のオムライスの美味しさpoint

①一粒一粒の味と水分量が完璧なチキンライス

②ふわふわトロトロの卵の半熟感

 

家庭で作るとご飯がべちゃっとしたりしてしまいます。

ポイントが水分量です!

スポンサーリンク

 

ポイント①生米を油で炒めて水分量を調節

生米を炒めて炊くのはフレンチでは王道

 

お米を油でコーティング

①膜ができて水を含みにくくなる

②中のでんぷんが出にくくなる

⇒米同士がくっついてダマになるのを防ぐ

 

チキンライスの調理法

 

①バターで玉ねぎを炒める

 

②中火で3分炒める

ここで無洗米2合を加えます。

 

③お米の表面が熱々にならないといけないので

30秒~40秒程度炒めること

 

④炒めた米を炊飯器に入れて炊きます。

 水の量は米と同量(普通に炊くより少なめ)

 

⑤チキンライスを作ります

ケチャップが決め手!

ご飯より先にケチャップを炒めます。

ケチャップは水分が多いので、そのまま混ぜるとべちゃっとなる

ケチャップを炒めるとうまみもアップしてくれます♪

 

⑥フライパンにスペースをとって、炒める。

※直接フライパンに入れると水分が蒸発しやすい

 

⑦炒めたら、ごはんを加えて切るように混ぜるとよい。

※混ぜると米がつぶれる

 

⑧ご飯全体にケチャップの色が付けば完成です。

 

ポイント②溶いた卵に炭酸水を入れる

 

ふわふわオムライスにするには「炭酸水」

卵3個あたり、25mlの炭酸水です。

 

空気の層ができ、気泡で卵がふっくらするそうです。

 

クッキングシートで包む

スポンサーリンク

 

玉子がフライパンにこびりついて破れたりと失敗する方も多いですよね。

うまく焼くコツを教えてくれました。

 

クックパー クッキングシート Mサイズ 25cm×5m

クックパー クッキングシート Mサイズ 25cm×5m

 

 

クッキングシートを使います。

フライパンに乗せてそのうえで卵を焼きます。

 

もたもたしていると加熱しすぎて硬くなる

⇒シートごとフライパンから出せば加熱を防げる

 

ふわふわ玉子にする焼き方

 

①火をつける前にフライパンにクッキングシートを敷き

形を作ります。

 

②バターを中火で溶かして卵を入れます。

 

③玉子をかきまぜながら半熟になるまで。

 

④玉子の底と端が固まってきたらフライパンから出します。

 

⑤両端を持ちシートを丸めて余熱を利用して玉子を固める。

 

⑥余分なシートを切るとチキンライスを乗せやすい。

 

これをチキンライスにのせれば完成です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です