【この差】ベジブロスの作り方!皮ごと食べた方が良い野菜「枝豆」「タマネギ」ファイトケミカル!【7月17日】

 

2016年7月17日放送「この差って何ですか?」

では皮ごと食べたほうが良い野菜について紹介。

「枝豆」「玉ねぎ(タマネギ)」の皮もファイトケミカル

が多く含まれています。皮をダシに「ベジブロス」の作り方も!

 

目次

 

すべての皮は食べたほうがよい「ファイトケミカル」

第7の栄養素と呼ばれ、健康に役立ちます。

3つの健康効果

抗酸化作用が強い

⇒体を若々しく保つ

スポンサーリンク

 

炎症を抑える抗炎症作用効果

ガン細胞の増殖を抑える効果

 

皮ごと毎日食べているとガンの予防にもなる

特に食べたほうが良いのが・・枝豆・玉ねぎ

 

枝豆

[産地直送] 園部農園 朝摘み枝豆 秋田県産 秀品 1kg SNB001-ED1

 

 

 

へたの部分にファイトケミカルが多い

 

たまねぎ

北海道産  玉ねぎ Lサイズ 20kg

 

茶色の皮の部分に最強のファイトケミカルがある

皮を捨てるのはファイトケミカルを捨てているということ。

 

「ベジブロス」の作り方

捨てる部分にファイトケミカルが多く含まれているので

煮だしてダシにするのがおすすめ。

スポンサーリンク

 

作り方は簡単です。

野菜の皮を鍋に入れて30分ゆでるだけ

このとき、野菜のへたや茎も一緒に入れてOK

 

冷蔵庫の中に保存して毎日食べることができます。

味噌汁のダシとしても使えますよ。

 

果物で食べたほうがよい「ぶどう」「りんご」

 

りんごの皮にアップルポリフェノールというファイトケミカル

1日1個のリンゴで医者いらず

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です