【ガッテン】毛細血管ケアで若返り!血流を増やす方法「スキップ」「シナモン」アンチエイジングの新常識!【7月13日】

血液をサラサラにして血管年齢を若返らせる本

2016年7月13日放送「ガッテン!」

毛細血管」が取り上げられました。

アンチエイジングの新常識として

血管ケア」で若返り!

若返り食材「シナモン」や「その場でスキップ」

で毛細血管の血流アップ方法などまとめました!

 

目次

 

若さと健康のカギは「毛細血管」

 

毛細血管は酸素と栄養を運ぶ大事な存在!

ですが残念なことに年齢とともに少しずつ死んでいきます。

 

これにより、シミ、シワが起こります。

さらに減少が病気の引き金にもなるそうです・・。

 

実は全身の99%が毛細血管です。

臓器も毛細血管で覆われています。

 

毛細血管の太さは0.005ミリしかありません。

動脈の1000分の1以下です。

スポンサーリンク

 

毛細血管の働き

酸素の足りない場所へ自らのびるそうです。

凄いですね~!

 

毛細血管の量はだんだん減る「ゴースト化」

 

20代に比べ60~70代は4割も減ります。。

特に、肌に影響が出てしまいます(シミやシワなど)。

肺や脳の毛細血管も減ると病気につながってしまいます。

 

「ゴースト化」

⇒血液が届かなくなって管だけになった毛細血管

 

最悪の場合血管自体がなくなってしまう。

なぜ血管が届かなくなる?

 

毛細血管は周りの細胞に酸素や栄養を届けるため

適度に漏れるようにできている

しかし、毛細血管を補強している壁細胞が剥がれてしまうことで

途中で血液などの成分が流れてしまい、大事な場所にたどりつかなくなります。

 

なぜ壁細胞が剥がれてしまうのか?

原因は2つ考えられています。

 

①加齢に伴う寿命

②血糖値やコレステロールの上昇が

血管の細胞のダメージを与える

 

毛細血管が衰える自覚症状

 

「むくみ」がサイン

皮膚の下の毛細血管で漏れが起こると

むくみとして現れる

 

ぜんそく

⇒肺で漏れがひどいと悪化

 

認知症・アルツハイマー病も。

 

漏れを防ぐポイント

重要なのは心臓からの「血流」

血流UPが漏れを防ぐカギなのです。

 

毛細血管の血流を上げるには「入浴や運動」

 

①自分の気持ち良いと思う温度で10分間じっくり浸かること。

汗が出たら水分補給も大切。

※40度~41度がおすすめ

血流は8%アップしました。

 

②3分ずつゆっくり歩き⇒早歩き

交互に繰り返すだけ。

血流は27%アップしました。

⇒新たに作られた毛細血管、血管が増えた数値です。

 

血流を上げるとっておきの方法「スキップ」

 

第2の心臓「ふくらはぎ」のポンプ機能が関係しています。

たまった血液が上がっていき、全身の血流がよくなるという。

スポンサーリンク

 

その場で「スキップ」やり方

1回につき20回、手と足をしっかり上げてスキップをします。

これを朝昼晩やります。

結果は4人で平均51%アップ!

寝る前まで温かくなったという方もいました。

 

かかとの上げ下げも効果的★

1回につき20回~30回ほど行う。

朝・昼・晩わけてやります。

 

血管若返り食材「シナモン」

シナモンのケイヒエキスが効果的だそう。

 

漢方薬でも利用されています。

少しでも効果的★

コーヒーやシナモントーストもおすすめです。

 

 

毛細血管で美肌!も合わせてどうぞ

【これがカラダの新常識】ダイエットには痩せ菌を増やせ!腸内細菌!毛細血管で美肌!快眠の新常識!若さと美のヒミツ【3月23日】 – ひよこのブログ(・θ・)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です