【世界一受けたい授業】熱中症対策に「経口補水液の作り方レシピ」「インターバル速歩と牛乳」熱中症対策2016【7月9日】

「早く歩く」人は、体も心も超健康!: 「3分間インターバル・ウォーキング」のすごい効果 (王様文庫)

2016年7月9日放送「世界一受けたい授業

では「熱中症の新常識2016

暑さに負けない体なる方法として熱中症対策を能勢先生が紹介。

経口補水液の作り方とインターバル速歩のやり方・牛乳を飲む

ことについてまとめました。

 

目次

 

熱失神(ねつしっしん)とは

 

熱中症になると熱失神になります。

 

熱失神とは・・

体温が上昇し、皮膚表面の血流量が増加。

一時的に脳への血流が減少することでふらつくこと。

 

普段の水分補給に適しているのは「水」

きちんと水分補給をしないと死んでしまう恐れもあります。

緑茶よりも、「水」がおすすめです。

 

緑茶のカフェインに利尿作用がある

⇒のみすぎると尿として水分が出てしまう

 

水の温度も大切。

スポンサーリンク

 

冷たすぎると胃が収縮し負担に・・

 

5~15℃の水

吸収率がよくクールダウンに効果的です。

 

1回150~250mlをこまめに。

※一度に飲んでも吸収が追いつかないので注意。

 

経口補水液のレシピ

 

家で簡単に作れます。

 

材料

  • 水 1L
  • 砂糖 20~40g
  • 塩 3g
  • レモン果汁 1/2個

 

混ぜるだけです。

レモン果汁で飲みやすくなり

カリウム摂取もできます♪

※その日のうちに召し上がりください

 

経口補水液は汗を大量にかいたとき、脱水状態のときに飲むもの

飲みやすく感じる場合は脱水状態なのだそう。

 

汗をかきやすくすることが大事

 

クーラーが発達⇒暑さに体が慣れさせないことが起こっている

 

①インターバル速歩

早歩き⇔ゆっくり歩き

※交互に3分ずつ行う

 

足の筋肉を鍛えたり血液量を増やす

血液を全身に戻すことができます。

 

早歩きのコツ

息がはずむ適度の速度で大股で歩く

 

ゆっくり歩きのコツ

周りを眺めながら散歩するくらい

 

1日30分くらいが目安。

ちょっときつめの運動をすることが大切です♪

スポンサーリンク

 

②牛乳を飲む

南日本酪農協同(株) デーリィ 霧島山麓牛乳200ml紙パック×24本入

牛乳のたんぱく質・糖質

肝機能を高め血液量を増やします。

 

汗をかきやすくなります。

 

牛乳を飲むときはインターバル速歩をした後

1時間以内にコップ1杯(200ml程度) 

 

傷んだ筋肉を修復し筋肉量をUP☆

10日ほどで血液量が増えます。

気温が低い・・朝や夕方がおすすめです。

 

室内でスクワットするだけでも良いそうです

 

まとめ

最近、暑くなりましたよね。

経口補水液と、インターバル速歩+牛乳

で熱中症対策しっかりしていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です