【主治医が見つかる診療所】「青ジソ(大葉)」和製ハーブ!免疫力UP&夏バテ防止!青シソのレシピ!ちょい足し食材第4弾【7月4日】

青じそ 0.5g×20袋

2016年7月4日放送「主治医が見つかる診療所」

ではちょい足し食材として免疫力UP&夏バテ防止に

青ジソ(大葉)」が取り上げられました。

青じそのボールパン・大葉味噌・大葉の包み揚げ

ハンバーグ・青じそバニラアイスなどレシピも紹介。

 

目次

 

青じその効果

 

青じそに多く含まれるβカロテンは抗酸化作用がある。

皮膚や粘膜を強くして免疫力を高めてくれる。

このβカロテンは今注目されているファイトケミカルの一つ!

 

ファイトケミカルとは

野菜や果物が酸化から身を守るため持っている抗酸化物質

人間の体内では作られないので重要。

スポンサーリンク

 

βカロテンの量はニンジンの1.3倍、ホウレンソウの倍

青じそには含まれています。

 

ですが、青じそといえば刺身のツマや薬味くらいで

バリエーションが少ないですよね。

 

杉浦太陽がシソの出荷量1位の愛知県へ。

とくに豊橋産は味と香りがよいとされ、国内トップの出荷量です。

 

青じそ特有のあの香りはペリルアルデヒドという成分が

胃液の分泌を促進させて食欲を増してくれる

夏の時期にもおすすめです。

 

青じそを使ったレシピ

 

「青じそボールパン」作り方

①鶏の挽き肉&豆腐&卵&みじん切りした青じそを

だんご状にしてフライパンで焼いていきます。

鶏肉団子、青じそ、パン生地で包みオーブンで11分

焼けば完成です。

 

「大葉味噌」作り方

①味噌、青じそ、砂糖、ごま、ごま油をフライパンで

煎るだけの大葉味噌!

古くから食べられており、ごはんにぴったりです。

スポンサーリンク

 

「青じその包み揚げ」作り方

①ミニトマト、チーズを青じそで包み

豚肉を上から巻きます。

 

②衣をつけて油で揚げれば完成。

 

βカロテンは熱に強いので青じそが優れています。

 

青じそバニラアイスデザート

①青じそをペースト状にしたらバニラアイスの素を加えて

固めれば青じそアイスになります。

 

青じそ入りハンバーグ・シラスと青じその和え物

など紹介されました。

シソ風呂もおすすめですよ。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です