【NHKきょうの料理・中村元計レシピ】「いわしのつみれ汁」「あじの南蛮漬け」レシピ!京料理人のかんたん!和食塾【6月14,15日】

明惣 富山産小あじの南蛮漬け 250g×5袋入 -クール冷凍-

2016年6月14,15日NHK放送「きょうの料理人」

京料理人のかんたん!和食塾は「魚料理」

中村元計さんが「いわしのつみれ汁」レシピと

あじの南蛮漬け」レシピを紹介されました!

 

目次

 

「いわしのつみれ汁」レシピ

 

ふわふわの食感にするためには

細かくなめらかなすり身にしましょう。

 

つみれはいったん下ゆですると雑味がなくなります。

すっきりした汁と合わせるときはぜひやってほしいひと手間

 

材料(2人分)

青じそ(粗みじん切り) 3g

だし カップ3

青ネギ(斜め切り) 30g

薄口しょうゆ 小さじ1強

塩 小さじ1/2弱

 

〈つみれ〉

いわし 16~20匹(200g)

→6~9㎝の小さいものを使いましょう。

卵黄 1個分

しょうゆ 小さじ1

ごま油・しょうが汁 小さじ2

白みそ 大さじ1

粉ざんしょう 小さじ1/2

 

作り方

①いわしはウロコがあれば包丁でこそげ取り

頭を切り落とす。

腹を指で開き、流水で内臓をきれいに洗い流し

紙タオルでしっかり水けを拭きます。

スポンサーリンク

 

②鍋にだしを入れて中火にかけて薄口しょうゆ・塩を加える。

 

③フードプロセッサーにつみれの材料を入れて

全体をなめらかにかくはんする。

青じそを加えてスプーンで混ぜ合わせる。

※青じそは香りがとんでしまうのであとから加える

  

④これを食べやすい大きさにスプーンですくい

鍋の熱湯におとしいれ、2分間ゆでます。

ゆでたら、網じゃくしですくい上げる。

 

⑤つみれを汁に加えてひと煮立ちさせる。

最後に青ネギを加えて火を止め椀に盛れば完成です。

 

「あじの南蛮漬け」レシピ

 

あじの味わいを引き立てるため、南蛮酢は甘さを控えめに!

南蛮漬けにつける前に

揚げたてをそのまま食べてもおいしいそうです。

 

材料(2人分)

豆あじ 10匹(200g)

ねぎ(青い部分も含む) 20g

ピーマン(赤/黄) 各1/2コ

赤とうがらし 1本

青じそ 2枚

小麦粉

サラダ油

 

〈南蛮酢〉

だし カップ2と1/2

酢 大さじ2と1/3

薄口しょうゆ 大さじ2

砂糖 大さじ1と2/3

昆布 10g

 

作り方

①豆あじは頭を切り落とし、ゼイゴを取ります。

腹を指で開き、内臓を出して水洗いしたら紙タオルの上に並べて

水気を切ります。

全体に小麦粉を薄くまぶします。

スポンサーリンク

 

②フライパンにあじの厚みの約半分の5㎜深さの

サラダ油を入れ弱めの中火で熱し、あじを並べ入れます。

へらで軽く押しながら、片面に焼き色がついたら裏返して

両面をこんがりと揚げ焼きにします。

 

③あじを熱いうちに酸に強い耐熱容器に入れて

ねぎとピーマン、赤とうがらしをのせます。

南蛮酢と昆布を熱いままひたひたになるまで注いで

粗熱が取れたら冷蔵庫で1日間おきます。

※1日おくとあじの骨がやわらかくなり味がしみこむそうです。

 

④ねぎは焼き網にのせ直火で少し焼き目をつけます。

ピーマンは焼き網or魚焼きグリルにのせて直火で焼きます。

※皮が真っ黒になるまで

その後、流水の下で

表面の皮をこそげ取り細切りにします。

※ねぎの青い部分を香りだしに

 

⑤ねぎを食べやすい大きさに切り、器に青じそを敷きます。

 

⑥鍋に南蛮酢の材料をすべて入れてひと煮立ちさせます。

 

すべて盛り付ければ完成です。

NHKテキスト きょうの料理 2016年 06 月号 [雑誌]

NHKテキスト きょうの料理 2016年 06 月号 [雑誌]

 

 

クセなし!いわしのしょうが煮 レシピ

【NHKきょうの料理・中村元計レシピ】クセなし!「いわしのしょうが煮」レシピ!京料理人のかんたん和食塾!【6月14,15日】 – ひよこのブログ(・θ・)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です