【NHKきょうの料理・飛田和緒レシピ】「初夏の簡単混ぜずし弁当」レシピ!毎日きちんとお弁当!すし酢・薄焼き卵も【6月13日】

常備菜と買いおき食材ですぐにおいしい 飛田さん家のお弁当

2016年6月13、14日NHK放送「きょうの料理」

毎日きちんとお弁当!月に一度の手作り弁当シリーズ!

飛田和緒さんが「初夏の簡単混ぜずし弁当」のレシピを紹介。

”簡単混ぜずし”の作り方レシピ、すし酢と薄焼き卵もまとめました。

 

目次

 

料理研究家の飛田和緒さん

 

家族とのふだんのくらしから生まれる

つくりやすい料理を提案。

常備菜や手作り調味料のレシピも人気です^^

 

「初夏の簡単混ぜずし弁当」レシピ

 

うまみと香り豊かな具だくさんの「簡単混ぜずし」

梅干しを混ぜ込んだご飯にすし酢を加え、ダブルの効果で傷みにくい。

すし酢・薄焼き卵の作り方も紹介します^^

 

材料(1人分)

  • 温かい梅干し入りご飯 (茶碗)2杯分

※下ごしらえ参照/またはご飯

  • すし酢 小さじ2~3
  • ちくわ (小)1/2本(15g)

ちくわは薄い輪切りにします。

  • 薄焼き卵(せん切り) 1/2枚
  • みょうが(小口切り) 1コ
  • 新しょうが(せん切り) 10g
  • 青じそ(せん切り) 2枚
  • ちりめんじゃこ 5g

スポンサーリンク

 

下ごしらえ

 

①ご飯に梅干しを入れて炊く

米360ml(2合)につき、梅干し1コを入れて普通に炊く。

炊き上がったら、梅干しをほぐしながら全体をサックリと混ぜる。

 

炊くと熱が加わり、梅干しが柔らかくなって混ぜやすくなる。

さらに梅の味はほとんど気にならない。

ご飯にほんのりと梅の色が移って彩りがよくなる♪

 

作り方

 

①せん切りにした新しょうがと青じそは

それぞれ水にさらして水けをきる。

 

②ご飯にすし酢を加え、しゃもじで切るように混ぜる。

 

③みょうが、新しょうがを加えて混ぜる。

 

④粗熱が取れたら、ちりめんじゃことちくわを加えて混ぜる。

錦糸卵、青じそを散られば完成です。

 

飛田さんの常備調味料「すし酢」

 

今回、混ぜずしで登場するすし酢の作り方です。

飛田さんは甘めが好きなので酢と砂糖は同量だそう。

好みで砂糖を控えめにしてもかまいません^^

酢の物にもそのまま使えて重宝します♪

 

作り方(カップ1/2分)

酢カップ1/2に砂糖カップ1/2、塩小さじ1/2

を加えて溶けるまでよく混ぜます。

清潔な保存瓶に入れて常温で約1か月間保存可能^^

 

ル・パルフェ (密封保存ビン) ボーカル 750cc 922931

ル・パルフェ (密封保存ビン) ボーカル 750cc 922931

 

 

飛田和緒の「薄焼き卵」レシピ

 

混ぜずしを彩る錦糸卵の作り方です。

ほかのおかずに展開しやすいように砂糖で甘みだけ

小さめに焼いておく。

スポンサーリンク

 

材料(5~6枚分)

  • 卵 2個
  • 砂糖 小さじ1
  • サラダ油 少々

 

①卵は割りほぐし、砂糖を加えて混ぜる。

 

②小さめのフライパンにサラダ油を中火で熱してなじませ

卵液を1/6~1/5量流して薄く広げる。

 

③表面が乾いてきたら返し、さっと焼きます。

ざるに取り出して冷ます。

残りの卵液も同様に焼き、冷まします。

 

薄焼き卵の保存方法

2枚くらいずつ重ねて手前側からゆるく巻きラップで包む。

ジッパー付きの保存袋に入れ、冷凍庫へ。

約2週間保存可能。

使うときは電子レンジ(600w)に20秒間かけて解凍。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ぜひお試しください^^

ほかのレシピも紹介していますので合わせてご覧いただけたら

うれしいです♪

 

「ささ身のごま焼き」「スナップえんどうのおひたし」レシピ

【NHKきょうの料理・飛田和緒レシピ】「ささ身のごま焼き」「スナップえんどうのおひたし」レシピ!毎日きちんとお弁当!【6月13・14日】 – ひよこのブログ(・θ・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です