【世界一受けたい授業】アレルギー対策最新版!「Tレグ細胞」アレルギーに効果的な食べ物!【4月30日】

アレルギーのない子にするために1歳までにやっておきたいこと15

2016年4月30日放送「世界一受けたい授業」

今回はアレルギーについて取り上げられました。

対策最新版として、大注目の「Tレグ細胞」

アレルギーに効果的な食べ物(食材)「昆布」

赤ちゃんには保湿が重要な事についても

詳しく紹介されましたのでまとめます。

 

目次

 

今や、2人に1人何らかのアレルギー

を持っているそうです。

スポンサーリンク

 

アレルギーの正しい知識、新常識を

昭和大学の今井先生が教えてくれます。

 

アレルギー体質は生まれたときに決まる?

 

最初に生まれた子(第一子)は

アレルギーになりやすい。

 

さらにアレルギーから守ってくれる免疫細胞も

二子以降に比べて第一子が少ないことも分かった。

 

赤ちゃんの時に両親が出来るアレルギー対策

これをすればおさえることが出来る方法があります。

 

皮膚をしっかり「保湿」する

 

最近の研究でアレルギーの原因物質は

皮膚からも体内に入ってくることが分かった。

 

皮膚が乾燥すると外部からの侵入を防ぐ

バリア機能が低下してしまうので

体の中に入ってしまいます。

 

特に食べかすやハウスダストなどが

皮膚の表面につき体内に入ってしまうことで

アレルギーになる可能性も。

 

赤ちゃんの時は皮膚のバリア機能も未発達ですよね。

 

生後6ヶ月までを目安に全身を保湿することで

アトピー性皮膚炎などを3割以上おさえられる。

 

赤ちゃんの頃に最初になりやすいアレルギー

  • アトピー性皮膚炎
  • 食物アレルギー

どちらかになると、

3歳くらいから気管支喘息

10歳くらいに花粉症になるリスクが高くなる。

 

アレルギーを抑える「Tレグ細胞」

 

Tレグ細胞はアレルギーを抑えてくれる

必要な細胞です。

 

本当は体に害のないスギ花粉などを

免疫細胞が過剰に攻撃して炎症

になってしまうが、Tレグ細胞は

正しく害のないものと判断し、指令を

送る重要な役割なのです。

 

Tレグ細胞を増やす方法

 

日本人の約4人に1人がアレルギー性鼻炎

になっているのですが

多くはダニが関係している。

 

ダニアレルギーに効果のある

Tレグ細胞の増やし方。

 

「舌下免疫療法」

ダニのエキスを舌の上に垂らして投与

→ダニによる症状を抑える

 

2015年から保険適用になったそうです。

スポンサーリンク

 

アレルギーに効果的食べ物「昆布」

 

植物アレルギーに効果のあるTレグ細胞。

これを増やす食べ物は「昆布」

 

※食べ過ぎると「むくみ」「便秘」の原因に

なるのでほどほどに。

 

昆布を取る目安

お味噌汁にとろろ昆布をひとつまみ程度。

これを週に2・3回がおすすめ!

ヤマトタカハシ LPとろろ昆布 300g

ヤマトタカハシ LPとろろ昆布 300g

 

 

まとめ

世界一受けたい授業 関連記事

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です