【家庭の医学】肺炎・誤嚥性肺炎の危険性チェック!簡単テストのやり方紹介!【カラダ検診SP・4月26日】

2016年4月26日放送「みんなの家庭の医学」

今回は気をつける病を早期発見!

家庭で出来るカラダ検診SPでした。

今、急激に増えている肺炎の危険性

チェック・唾液で簡単テストのやり方

をまとめました。

 

目次

 

教えてくださる先生は

呼吸器の名医「村田朗先生」

 

 

脳卒中を追い抜き、

日本の死因第3位になった肺炎。

スポンサーリンク

 

肺炎とは

細胞やウイルスが肺に侵入し、

炎症を起こす感染症。

 

通常、免疫力の低下で風邪の菌や

インフルエンザなどのウイルスが

原因の事が多い。

 

だが、急激に死亡者が増えているのは

別の原因もあったのです。

 

肺炎の危険性チェック テスト

 

①食事中 よくむせる

 

②就寝中 タンが変な所に入り起きてしまう。

 

これが大きな原因だと名医が警告。

高齢化にともなって飲む込む力が弱くなることによって

間違って器官の方に入ってしまうことで起こる

「誤嚥性肺炎」が起きている

 

 

介護する人のための誤嚥性肺炎 こうすれば防げる! 助かる!

介護する人のための誤嚥性肺炎 こうすれば防げる! 助かる!

 

 

誤嚥性肺炎とは

食べ物や唾液が器官から肺に入る

誤嚥によっておこる肺炎

 

誤嚥をして咳で肺への筋の侵入を防ぐ

ことでむせたりするそうです。

 

年を取ると全身の機能が落ちてくる

むせるという昨日自体も落ちてくる

ので気づかないと肺炎になってしまう。

 

食べ物が混ざった菌が肺に侵入。

免疫力が落ちていると

肺炎になり、最悪の場合死に至ることも。

 

70代以上は7割以上が誤嚥性肺炎。

 

誤嚥性肺炎にならないためには飲み込む

機能のチェックが大切。

 

健康長寿は「飲みこみ力」で決まる!  100歳まで「食」を楽しむための嚥下トレーニング

健康長寿は「飲みこみ力」で決まる! 100歳まで「食」を楽しむための嚥下トレーニング

 

 

唾液飲み込みテスト

 

30秒間に何回唾液を飲み込めるか数える

だけの簡単なテスト。

 

①人差し指と中指でのど仏を軽くはさむ

 

②この状態で唾液を飲み込む

 

のど仏が人差し指を一旦超えてまた元に戻る

 

③これを一回とし、30秒間で飲み込み回数をチェック。

 

※誤嚥をしないよう

唾液は確実に飲み込んでください

スポンサーリンク

 

唾液飲み込みテストのクリア回数

「6回」

 

5回以下 飲み込む機能が落ちている

2回以下 誤嚥を起こしやすい危険な状態

 

飲み込む機能を上げる方法

のどの筋肉を鍛える

 

①仰向けに寝てつま先を見るように頭を上げる

 

一日3回1分間ずつ行うと

6週間ほどで効果が出始める

 

ライバルに差をつける朝活―5時半起きは人生が変わる!! (Odein Mook 72)

ライバルに差をつける朝活―5時半起きは人生が変わる!! (Odein Mook 72)

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

こちらも読まれています

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です