【主治医が見つかる診療所】とろろ昆布で高血圧や糖尿病を防ぐ!ちょい足し食材SP【3月28日】

 

北海道産がごめ昆布100%使用 お徳用がごめとろろ昆布 120g 便利なチャック袋入り

 

 

2016年3月28日放送「主治医が見つかる診療所」は

血管と血液を健康にするちょい足し食材SP。

とろろ昆布がおすすめだと紹介されました。

高血圧や糖尿病にも効果的。

 

今回紹介してくれるのは東京海洋大学の藤田大介先生!

海藻を食べる魚たち―生態から利用まで (磯焼け対策シリーズ)

海藻を食べる魚たち―生態から利用まで (磯焼け対策シリーズ)

 

 

 

目次

 

【ちょい足しにとろろ昆布】

 

昆布にはアルギン酸やフコイダンなどの水溶性食物繊維が

たくさん含まれており、高血圧や糖尿病を防いでくれるそう。

 

特にとろろ昆布がおすすめなのは薄く切られているため

水溶性食物繊維が溶けやすくなる

 

スポンサーリンク

 

【とろろ昆布の工程】

とろろ昆布を作るのに昆布を柔らかくするためお酢をつける。

お酢には悪玉コレステロール値を下げる効果があり、

血管や血液を健康にする様々な働きがあるので

昆布の健康効果がより高まるそうです。

 

お酢につけたあと昆布を圧縮し、機械で削れば

とろろ昆布が完成します。

 

【飛脚玉の作り方】

飛脚玉は即席の味噌汁になるというもの。

 

【材料】

  • とろろ昆布
  • 味噌
  • 鰹節
  • ねぎ
  • ゆず

 

スポンサーリンク

 

【作り方】

 

1 とろろ昆布に味噌・鰹節・ねぎ・ゆずをいれて

ラップで包む。

 

2 お湯をいれてかき混ぜれば飛脚玉のできあがり。

 

主治医によると「とろろ昆布」には免疫力を強化する作用がある。

 

※ただ塩分が濃いそうで摂り過ぎると甲状腺の異常をきたすこと

もあるため取りすぎ注意。

海藻の中でも昆布類は特にヨードを多く含んでいるため

過剰摂取すると甲状腺の機能を低下させる可能性も。

 

【一つ目の血管血液食材の生姜・ガリの作り方もどうぞ】

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です