【バイキング】味噌汁で腸内デトックスには「しいたけの軸」作り方レシピ!味噌の健康・美容・保存方法!【3月28日】

2016年3月28日放送「バイキング」の人気コーナー

ひるたつで紹介された、健康味噌汁ベスト3!

腸内デトックス効果のある「しいたけの軸」を

使った味噌汁の作り方レシピを紹介!

また味噌汁保存方法・美容健康・長寿レシピも★


スポンサーリンク

 

 

今回紹介してくださった先生は足立香代子先生。

決定版 栄養学の基本がまるごとわかる事典

決定版 栄養学の基本がまるごとわかる事典

 

 

 

目次

 

【余り物で腸内デトックス味噌汁 作り方】

 

【材料 1人分】

  • 昆布 1匹
  • しいたけ  1個
  • 大根の葉  2房
  • お茶っぱ  適量
  • 赤みそ  適量

 

 

【作り方】

 

1 出汁は昆布でとる

 

2 火にかける前の鍋にハサミで小さく切った昆布を入れ熱する

 

3 しいたけの軸を細かく切って鍋へ

 

4 大根の葉を細かく切って鍋に加える

 

5 出がらしになった茶葉をそのまま鍋に加えるだけ

 

6 最後に赤みそを溶かせば完成★

 

【デトックス味噌汁の健康・美容効果】

 

昆布:水溶性食物繊維が豊富。

 

水溶性食物繊維は腸内環境を整え、排便を促してくれる働きがある!

 

しいたけの軸:栄養がたっぷり含まれておりますが

食べにくい場合、煮込むことで程よい食感になります。

 

しいたけの軸は不溶性食物繊維が豊富だが

昆布の水溶性食物繊維との相乗効果が期待できる。

 

大根の葉:白い根の部分よりも圧倒的に栄養素が多い。

 

ビタミンCが約5.5倍!

ほうれん草よりも鉄分が約1.5倍!

 

茶葉にはカテキンが豊富で淹れたお茶よりも、

茶葉の方に多く含まれており老化を防ぐ抗酸化作用に良い。

 

※2回ほど飲んだ後の茶葉を使用しましょう。

 

【みその正しい保存方法】

 

ひかり味噌 無添加こだわってます 750g

 

 

 

空気に触れないようにラップで覆う事が大事!

冷蔵庫か冷凍庫で保存すると保ちが良い。

 

スポンサーリンク

 

【他にも活用できる足立先生おすすめ具材】

 

  • 魚のアラ (EPA・DHA)

血液の流れを良くする働き。

  • サンマの骨 (カルシウム)

焼いてから入れると◎

  • ゴボウの皮 (食物繊維)
  • エビの殻 (アスタキサンチン)

抗酸化力による老化防止。

 

 

毎日飲む家庭も多い味噌汁は健康・長寿効果もありますので

ぜひこちらの食材でも作ってみてください♪

最後までご覧いただきありがとうございます^^

最初に紹介していた、美肌健康・長寿についての味噌汁も

更新していますのでぜひご覧ください。

【美肌&若返り・長寿味噌汁レシピはこちらからどうぞ】

 

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です