【林修の今でしょ講座】肺機能を若くする簡単ストレッチ方法!シチュエーション別呼吸法まとめ!

アレルギー体質は“口呼吸

 

 

2016年3月1日放送★

林修の今でしょ講座は3時間SP!

肺機能を若くする簡単ストレッチ方法

シチュエーション別呼吸法が紹介!

大谷義夫先生の伝授してくれた方法を

備忘録として書きます♪


スポンサーリンク

 

 

口呼吸は治る!──「歯みがき」でよくなる! 画期的改善法

口呼吸は治る!──「歯みがき」でよくなる! 画期的改善法

 

 

 

目次

 

【呼吸検定】 

第一問

一日に何回呼吸しているか?

 

答えは約2万回呼吸している。

1分間に15回から18回呼吸するとのこと!

 

第二問

冬に呼吸が浅くなり酸素の取り込み不足に・・

理由は?

 

答えは、猫背。

寒い時期は猫背になりがちで肺が圧迫されて

しまうからなんです。

 

【浅い呼吸になりやすい3つの猫背】

①長期間の家事

②長期間のデスクワーク

③スマホの集中しすぎ

肺が圧迫されている恐れがあります。

 

良い呼吸をするために特に重要なのは

「横隔膜」です。

 

肺の周りの筋肉が動くことでより多くの

酸素を取り込むことが出来る。

肺の機能は20歳をピークにどんどん低下してくる。

 

林先生は実年齢より7歳老化していました。

原因は肺の周りの筋力が低下しているからなんだそうで

先生にもおすすめの呼吸筋を鍛えられるストレッチ

が紹介されました。

 

★呼吸に関する筋肉は薄くて普段使わないからこそ

簡単に鍛える事が出来ます!

 

【呼吸筋ストレッチのやり方】

 

①両手を頭の後ろで組んで3秒鼻で息を吸う

 

②口で6秒かけて息を吐きながら両手をのばす

※お腹も意識してください

 

一日、10回を2セットでOK!

一週間から変化していくそうです★

 

林先生は実際に2週間で

-12歳の肺機能若返り効果が出ました★

 

ぜひお試しください^^

 

 

【眠れないときは口すぼめ呼吸】

 

鼻で1~2秒吸って口をすぼめて4秒吐く

 

 

息をゆっくり吐くことでリラックスの神経である

副交感神経にスイッチが入り眠りやすくする

 

【体調が悪いときは蒸しタオル呼吸】

 

お湯などで蒸したタオルを30秒程度

顔の上に置いて呼吸し鼻と喉を潤す

 

鼻と喉の粘膜が潤って免疫を活性化させる!

 

【緊張しているときは1・2秒呼吸】

スポンサーリンク

 

緊張時は息を吸う量が多く

体は過呼吸気味になっているので

意識して鼻で1秒吸って口で2秒吐くと

普通の呼吸に戻りやすくなる

 

息をゆっくり吐くことで

アセチルコリンが分泌され脈拍が落ち着き

緊張がほぐれる効果が期待できる!

 

【やってしまいがちな悪い呼吸とは】

①口呼吸

②浅い呼吸

 

風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり

つかれやすくなったりするそう。

口呼吸防止テープも販売されています^^

 

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)

 

 

 

【睡眠時無呼吸症候群の注意すべきポイント】

 

口呼吸をすると喉が落ちて呼吸が止まって

しまうことがある。

 

 

予防策は低めの枕を使うこと。

 

気道が確保され、呼吸が楽になる。

横むきに寝るのも◎

それでも改善しないなら医師に相談してください。

 

 

こちらもどうぞ! 

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です