知っておきたい新常識ベスト5を紹介!コレステロールの食事制限は意味ない!バイキングの「ひるたつ」

甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識 (幻冬舎新書)

 

 

2月8日のバイキングのコーナーである「ひるたつ」

ではここ一年で判明したという健康新常識について

名医が教えてくれました!!

 

 


スポンサーリンク

 

新常識ベスト5を紹介していきます!

 

目次

 

第5位★食物繊維を取りすぎると便秘が酷くなる?

 

食物繊維はもともと足りてないのでしっかり取った方が

いいのですが取り方に問題があります。

 

食物繊維は二種類あり、不溶性と水溶性とあります。

 

不溶性は腸の動きを活発にしてくれる働きがあります。

ただ、水に溶けないので取りすぎると便とかさが増して

しまうため人によっては便秘が更に詰まる原因になってしまう

 

不溶性食物繊維が多い食品

■切り干し大根

■アーモンド

■えのき

 

一方、水溶性の方は水に溶けて腸の中をすべらせる

働きがありますので外に出しやすくしてくれます。

 

水溶性食物繊維が多い食品

■アボカド

■サニーレタス

■トマト

■ネバネバ系に多いので海藻系

 

 

理想的な取り方は?

 

不溶性 水溶性

2 :  1

 

 

第4位★紅茶を多く飲むと骨折のリスクが低下する?

 

 

紅茶はとても良い効果が沢山あります。

インフルエンザ予防や口臭予防など・・

 

緑茶よりも口臭予防効果があります!

 

なぜ紅茶がいいのか?

 

具体的には分かっていないそうですが紅茶に含まれる

「フラボノイド」の働きが関係しているのではと考えられています。

 

さらに紅茶にはおしゃべりを上手にするという働きがあると

分かったそうです!

 

緑茶などよりはるかに脳の前頭葉が活性化するそうで

それによりおしゃべりも上手になるそうです!

 

第3位★食事にコレステロール制限は無意味?

 

コレステロール値が高いほうがずっと長生きできる (講談社+α新書)

コレステロール値が高いほうがずっと長生きできる (講談社+α新書)

 

 

今までコレステロールを考えて控えてきた人も多いと思います。

沢山、コレステロールの食事制限についての本も出ていますよね!

なんと驚きの新事実が・・

 

昨年の5月に動脈硬化学会が発表したのが

控えてもあまり関係無いそうです。えぇーーー!

 

コレステロールはそもそも肝臓で作られる方が

80%と多いので、食事から制限しても意味が

ないと言うこと。

 

基本的に何を食べてもいいそうですが

油がコレステロールを作る原因でもありますので

油の取りすぎには注意!

 

肝臓にとっていい油はこちら

■オリーブオイル

■オメガ3

■魚に含まれるDHA・EPA

 

いい油を取ることでコレステロールや細胞が安定し

血管の病気のリスクを低下できる!

 

第2位★青魚を食べると寝付きが良くなる?

 

青魚にはDHAが含まれています。

中性脂肪を減らしてくれたり認知症の予防にも

効果があるんです★

 

さらに新しく研究で分かったのがあります。

DHAを摂取していると睡眠時間が長くなる!!

より深い睡眠になるという結果が分かったそうです。

 

ネイチャーメイド DHA 90粒

ネイチャーメイド DHA 90粒

 

 

毎日手軽に取れる粒タイプがおすすめです★

 

第1位★運動前にストレッチをするとケガしやすくなる?

 

ストレッチを行うと関節周りの筋肉や腱が緩み

ケガを起こしやすくなる可能性があるそうです。

 

運動に出てくる動きで軽いジョギングなどの

ウォーミングアップは大切!

ゆっくり伸ばしたりするのはやめた方がいい。

 

運動後のストレッチは筋肉疲労の回復や筋肉痛予防に

非常に効果的なので忘れないように★

 

 こちらも合わせてどうぞ

スポンサーリンク

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です