ふと疑問に思ったが、家事手伝いってなんだ?

ノン子36歳(家事手伝い) [DVD]

最近、テレビを見ているとよく耳にする

「家事手伝い」と言う言葉。

疑問に思う方多いと思います。

フリーターでもないし、専業主婦でもない。

気になって調べてみたらニートでもないらしい。。

 

スポンサーリンク

最近でもトラックを運転していた男(38)が事故を起こした際、

「家事手伝い」と報道されていました。

ニートと勘違いしていましたが、wikiさんにこう書かれておりました。

厚生労働省の定義によると、普段の生活において主に家事をおこなっている場合には、それを「『ニート』には含めない」としている

出典:Wikipedia

 

専業主婦も同じ家事をこなしますよね。

何が違うのでしょうか。

私的にニートと言うよりも家事手伝いの方がふらっと

で言いやすく、例えしていない場合でも簡単に

職業として言うことは可能ですよね。

単なる《言い逃れの言葉》ではと感じました。

 

スポンサーリンク

家事手伝いの形態の例を以下にあげる。

  1. 母親がいない、病に臥っている、仕事が多忙であるなどの理由から、母親に代わって家事全般を取り仕切っている。
  2. 親が家族経営の自営業を営んでおり、親の仕事を手伝っている。
  3. 家族の疾病や老齢に伴う世話が必要で介護をしている。
  4. 兄弟が多く、年長の(イメージとしては女性)者が、親に代わって弟、妹の面倒を見ている。

出典:Wikipedia

 

1 母親に代わって家事全般を取り仕切っている。

これは一緒に住んでいるからだと思いますが、

正直、パートなど合間に少しでも外に働いたり出来る気がします。

 

2 親が自営業はよく聞きますよね。親の手伝いって

やはりお給料などは出ないのでしょうか。

 

3 これが結構多いんではないかと思いました。

高齢化に伴って、老人ホームも増えてはいますが

それ以上に空きがなかったりするみたいです。

実際、私のおばあちゃんは認知症なのですが

老人ホームが空いてなかったので自宅で着替えは

手伝っていますが、ヘルパーさんが訪問してくれて

いるので大変まではいかないです。

やはり、二人生活でかつ認知症やご病気になられて

いる場合、お仕事にもいけなくなりますよね。

これが家事手伝いの形態に入るならこの言葉だけでは

勘違いしてしまう方多いと思います。

 

昔はこんな言葉はなかったみたいですが、やっぱり

現代ではもう立派な職業としてこれから増えそうです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です