【世界一受けたい授業】鯛ご飯のレシピ!野崎洋光!和食の法則【6月3日】

お試し のどぐろ(アカムツ)めしの素 2合用(2~3人前)1袋[山口県産]M

6月3日の世界一受けたい授業では、簡単!美味しい和食の法則が特集され、分とく山の野崎洋光さんが、「鯛ご飯」の作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

鯛ご飯のレシピ

 

材料

鯛の切り身・・半身程度

塩・・適量

米・・3合

水・・450cc

薄口しょうゆ・・45cc

酒・・45cc

木の芽・・適量

 

作り方

①鯛の切り身に塩を振って20分置きます。

 

②表面の塩を水で洗ったら水気を拭きとり、一口サイズに鯛を切ります。

 

③土鍋に15分水に浸しておいたお米と水、薄口しょうゆ、酒を入れます。

 

④強火にかけて沸騰させます。

まだ鯛はいれません。

 

⑤蓋を少しずらして中火で7分加熱します。

スポンサーリンク

⑥③の鯛をごはんの上にのせます。

 

⑦弱火で7分、極弱火でさらに5分加熱します。

 

⑧火を止めて5分蒸らします。

 

⑨最後に木の芽をちらしてもOKです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です