【世界一受けたい授業】壁向きスクワットのやり方!姿勢トラブル改善!巻きタオル!姿勢チェック!高平尚伸【5月20日】

体操療法オールブック−ひとめでわかる効果的な筋の使い方

5月20日の世界一受けたい授業では、高平尚伸さんが突然死や視力低下まで起こってしまう姿勢トラブルについて特集してくれました。

姿勢が悪いと肩こりや腰痛、突然死までつながるとのことで、姿勢のチェック法や改善法を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

寝転びながらテレビを見ると?

ソファーに寝そべったような悪い姿勢でテレビを見ているとどうなると思いますか?

 

実は左右の視力に差が生まれてしまいます。

このように姿勢1つで徐々に体に悪影響を及ぼします。

 

姿勢が悪いデメリット

頭はボウリングの玉くらいの重さがあり、姿勢が悪いと肩や腰に負担がかかって巻き肩、肩こりや腰痛になってしまいます。

 

姿勢チェックのやり方

①椅子を壁に向けて置きます。

椅子は膝が90度くらいになるくらいの高さのものを選んでください。

 

②足のつま先と膝を壁につけて座ります。

 

③そのまま立ち上がります。

立ち上がれればOKです。

猫背だと重心が前に傾いて立ち上がれません。

 

巻きタオル

①バスタオルを巻いて両端をタオルで留めます。

 

②椅子の背もたれの奥におきます。

 

③タオルにお尻を乗せるようにして座ります。

 

④骨盤が立って治ります。

スポンサーリンク

壁向きスクワット

骨盤を立たせてインナーマッスルを鍛えられます。

 

やり方

①壁に向かって肩幅に足を開いて立ちます。

つま先は壁につけてください。

 

②手は頭の後ろで組みます。

 

③ゆっくりスクワットをします。

なるべく深く曲げてください。

 

1日10回を3セット行ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です