【世界一受けたい授業】伊勢まだいのソテー 豆のフランス風煮込みと新じゃがのピューレのレシピ!樋口宏江!【4月22日】

4月22日の世界一受けたい授業では、伊勢志摩サミットでも料理をふるった、樋口宏江さんが、栄養素別に春の魚介を紹介してくれ、真鯛のソテーのレシピを教えてくれましたので紹介します。

 

 

 

伊勢まだいのソテー 豆のフランス風煮込みと新じゃがのピューレのレシピ

 

材料

真鯛

砂糖

 

バター

ベーコン

新玉ねぎ

レタス

塩コショウ

グリーンピース

チキンブイヨン

 

新じゃが

牛乳

バター

 

作り方

①真鯛の半身に塩と砂糖をまぶして水分を抜きます。

 

②真鯛を一口大に切ります。

 

③バターでベーコンを炒め、さらにスライスした新玉ねぎを加えます。

 

④玉ねぎが透き通ってきたらレタスを加えて、塩コショウを振って炒めます。

 

⑤しんなりしてきたら、グリーンピースとチキンブイヨンのスープを加えて煮ます。

 

⑥新じゃがをふかして裏ごしして、牛乳とバターで煮てピューレを作ります。

 

⑦真鯛をオリーブオイルで皮目から焼きます。

 

⑧焼き目がついたら裏返して油を切ります。

 

⑨バターを加えて溶けたバターをかけながら、焦げないように焼きます。

 

⑩お皿にピューレをひいて⑤をのせて真鯛のソテーを乗せたら完成です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です