【金スマ】腸活・便活!10日で便秘を解消!ざわちん・小倉優子・小島奈津子!便活!腸もみ・エクササイズ!キンスマ!【5月12日】

5月12日の中居正広の金曜日のスマイルたちへでは、腸活第2弾が特集され、ざわちん、小倉優子さん、小島奈津子さんが、10日間で便秘を解消できるか挑戦しましたので紹介します。

 

 

便秘に悩む人代表

便秘に悩んでいる人はとても多く、便秘が続くと日常生活すらままならない人もいらっしゃいます。

 

今回は、20代代表としてざわちんさん、30代代表として小倉優子さん、40代代表として小島奈津子さんが、小林弘幸さんの腸活・便活に挑戦して、便秘解消に取り組みました。

 

スポンサーリンク

 

便秘の種類

便秘には大きく分けると直腸性便秘と弛緩性便秘の2つがあります。

 

直腸性便秘とは?

直腸性便秘とは便を我慢しているうちに、便意を感じるセンサーが鈍ってしまうために

便秘になってしまいます。

特に若い女性に多い症状です。

 

弛緩性便秘とは?

弛緩性便秘とは、加齢とともに腸の動きが衰えて、腸の筋肉が緩んでしまっている状態です。

特に年齢を重ねたり、便秘薬を多用している人に多い症状です。

 

便秘になって腸の調子が悪くなると、肌の調子が悪くなり、痩せにくい体質になってしまいます。

 

超刺激エクササイズ

腸の便がたまりやすい腸の部分を、直接つかんで刺激しながら腰を回すことで便秘解消に役立ちます。

特に、弛緩性便秘の解消に役立ちます。

 

スポンサーリンク

 

やり方

①右の腰骨あたりと、左の肋骨のあたりをつかみます。

 

②腰を大きくぐるぐる回します。

 

③1回5~10周を左右3回ずつ行います。

 

便座エクササイズ

便座に腰かけて腰をねじることで腸に刺激を与えます。

特に、直腸性便秘に効果があります。

 

やり方

①便座に浅く腰掛けます。

 

②右手で左の足首を

左手で右の足首をつかみます。

 

③大腸がねじれて刺激されることを意識してください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です