【ヒルナンデス】防災グッズ作り!リュックサック・空き缶コンロ・段ボールベッドの作り方を武井壮が紹介!大ヨコヤマクラウト【9月1日】

【完全ガイドシリーズ146】 防災グッズ完全ガイド (100%ムックシリーズ)

2016年9月1日放送「ヒルナンデス

大ヨコヤマクラフト防災の日SP

 

横山裕が防災グッズ作りに挑戦! 

武井壮が家にあるもので作れる防災グッズを教えてくれました。

空き缶コンロ&段ボールベッド&リュックサック&ボールまくら

の簡単な作り方を紹介します!

 

目次

 

懐中電灯とペットボトルの水で作る「簡易ランタン」作り

 

材料

懐中電灯

ペットボトル

 

作り方

懐中電灯にペットボトルをのせるだけで柔らかい光で

ランタンに変身。

 

ヒモとズボンで作る「リュックサック作り」

 

足場が悪くなる災害時は両手があくので必需品!

スポンサーリンク

 

材料

ヒモ

ズボン

 

作り方

①ズボンの裾を強く縛ります。

 

②縛った裾を腰まで折り返します。

 

③余ったひもをベルト通しに両サイドから通すだけ。

 

荷物を入れて縛ったら、足の部分に手を通して使います♪

 

生地の厚い冬物のズボンがおすすめ★

2リットルのペットボトル2本は運べます。

 

「空き缶コンロ」作り

電気&ガスが止まったときに!

 

 

材料

アルミ缶

アルミホイル

ティッシュ

サラダ油

つまようじ

ハサミ

軍手

 

作り方

①アルミ缶の下3分の1をハサミで切ります。

 

②背の低い缶の中で火をつける

 

③フライパンをのせるように背の高い缶を3つ周りに置きます。

 

④アルミホイルを15㎝にカットし、同じ方向に4分の1の大きさに折ります。

 

⑤一度開いて内側に折り込みます。

 

⑥爪楊枝で4か所穴をあけます。

 

⑦4分の1に切ったティッシュをっこよりの様にします。

 

⑧ティッシュを開けた穴に差し込み、丸めて背の低いアルミ缶に

入れます。

 

⑨サラダオイルをティッシュに染み込ませるだけ

 

10分でアルミ缶のコンロが完成です♪

 

針金ハンガーとアルミホイルで作る「フライパン」作り

 

ハンガーを伸ばしてアルミホイルをつけるだけで

目玉焼きも作れる簡単フライパンが完成です。

スポンサーリンク

 

 

段ボールで作る「簡易ベッド」作り

 

避難所ではホコリが多いので高さ30㎝以上のベッドが重要!

段ボールで作れます♪おとな2人が寝てもOK

 

材料

同じ大きさの段ボール12枚

テープ

 

作り方

①段ボールを組み立てて底側だけテープを貼る

段ボールを6個立てます。

 

②同じサイズの段ボールを半分にカット

 

③折り目の通りにたたみます。

あとは折り曲げて段ボールの中に入れると強度が増します。

 

計6個同じように作れば土台が完成。

空いたスペースは収納も可能。

 

④あとは組み立てる前の段ボール2枚でフタをします。

寝顔を隠すため段ボールでついためをするだけ。

 

毛布などがあればより寝心地もよくなります。

 

サッカーボールと空気入れで作る「ボール枕」作り

 

体育館にもあるボールで枕が作れます。

 

材料

ボール

空気入れ

 

作り方

①空気入れの先を取り出します。

 

②空気穴に差し込んで空気を半分抜く

 

③あとは頭にフィットするぐらいでOK

 

最後に・・

今回は新企画「大ヨコヤマクラフト」で家で簡単に作れる

防災グッズ作りを紹介しました。

 

家にあるもので防災グッズが簡単に作れるなんてびっくり!

段ボールベッドやリュックサックは外でもすぐに作れそうですね。

いまいつ起こるかわからない震災に備えて作っておきましょう。

参考になりましたら、はてブしていただけると励みになります!

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

ヒルナンデス:防災グッズ関連記事

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です