【林修の今でしょ講座】シミ原因「AGE」を減らす調理法レシピ!肌のアフターケア法【8月30日】

美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール毛穴・シミ・シワ・大人ニキビの悩みを解決! (PHPビジュアル実用BOOKS)

2016年8月30日放送「林修の今でしょ講座」

シミ原因「AGE」を減らすレシピ・調理法!

山岸先生が教える肌のアフターケア法です。

 

目次

 

肌のシミができる原因は?

教えてくださるのは老化の研究で医学賞を多数受賞している

名医:山岸昌一先生です。

早死にしない! 老ける食べ方 若返る食べ方

早死にしない! 老ける食べ方 若返る食べ方

 

 

紫外線を浴びてシミが作られるまで1か月

⇒7・8月の紫外線でいまシミが作られています。

 

今こそ、正しいアフターケアを!!!!

スポンサーリンク

 

シミの原因物質と同じものは「パンの焦げ」

 

体内でメイラード反応が起こりシミや老化の現象を引き起こしている

と考えられる。

 

シミが出来る原因はメラニン色素とよく聞きますが、

重要なのはシミの原因物質「AGE」

 

老化物質AGEためないレシピ ──ウェルエイジングのすすめ

老化物質AGEためないレシピ ──ウェルエイジングのすすめ

 

 

シミの原因物質「AGE」

AGEが体内に多いとシミができやすい。

 

肌のアフターケアのポイントはシミの原因物質AGE

を体に溜め込みすぎないことが重要。

 

コラーゲン(たんぱく質)に糖がこびりつくとAGEに変わってしまう

といいます。

AGEがあると少しの紫外線で過剰なメラニンが分泌されてしまう。

 

メラニン色素が肌を黒くして紫外線の吸収を抑えていますよね。

日傘をたためばシミにならないと思っていますが

AGEが多いと弱い紫外線でも日傘をさすように指令を出してしまう

のでシミが残りやすくなってしまうのです。

 

AGEを減らす方法は?

 

AGEを食べ物からなるべく摂りすぎないことが大事!

AGEが多く含まれている食材は「肉」

 

食べ物別 AGEの多さ

ステーキ ⇒ 焼き魚 ⇒ トースト ⇒ サラダ

 

AGEを減らす肉の調理法

スポンサーリンク

 

ゆで&蒸し料理は揚げた時と比べてAGEが10分の1

調理法でだいぶAGEの量が変わります。

 

揚げ物のAGEを下げるひと手間

 

ミツカン 穀物酢 1.8L

ミツカン 穀物酢 1.8L

 

 

酢で下ごしらえしてから調理するとAGEが増えるのを軽減できます。

 

酢やレモンなどの食材を一緒にとるとコラーゲンに糖がくっつきにくくなり

AGEの摂りすぎ防止に!

 

から揚げにレモンをかけるのも下げていたんですね。

 

きのこ料理もおすすめ!

AGEの吸収を抑える効果に期待できるキチン・キトサンが含まれています。

 

AGEを減らすレシピが載っている本もご参考にしてくださいね。

 

老化物質AGEためないレシピ ──ウェルエイジングのすすめ

老化物質AGEためないレシピ ──ウェルエイジングのすすめ

 

 

最後に。。

林修の今でしょ講座で紹介されたアフターケア法

「目」「脳」も臨時更新しますので少々お待ちくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

hiyokonoitoko.hatenablog.jp 

hiyokonoitoko.hatenablog.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です