Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【NHKきょうの料理】まさる漬け レシピ・作り方!小林まさる・谷原章介のタイムレスキッチン【9月21,22日】

まさるのつまみ―簡単!お待たせしません!

2016年9月21,22日NHKきょうの料理

谷原章介のTimeless kitchenは小林まさるさんが登場。

まさる漬け」の作り方・レシピを紹介してくれました。

 

目次

 

「まさる漬け」レシピ

 

アレンジしながら長年作ってきたという小林まさるさん

オリジナルのまさる漬け(青とうがらしのしょうゆ漬け)

評判になり、この名前になったそうです。

 

材料

  • 青とうがらし 1.2kg

※生で辛いタイプのとうがらしを使用。

まさるさんおすすめは韓国産。やや大きめ。

なければ日本産でOK

  • サラダ油 大さじ1

 

【A】

  • 缶詰のホタテ貝柱 1缶(140g)
  • 醤油 カップ1と1/2
  • ナムプラー 大さじ2
  • 塩 大さじ1

 

作り方

①青とうがらしはヘタを取ってフォークで穴を開けます。

 

②大きめのフライパンにサラダ油を強火で熱します。

青とうがらしの1/5~1/4量を入れてこんがりするまで5分ほど炒めます。

保存容器に移します。

これをもう一度繰り返します。

 

③ボウルに【A】の材料(ホタテは缶汁ごと入れる)を合わせて

【A】の半量を②の全体にかけます。

 

④同様に残りの青とうがらしを2、3回に分けて炒めます。

そのつど②の保存容器に加えていきます。

残りの【A】の材料を全体にかけます。

 

⑤粗熱をとったら蓋をして冷蔵庫に入れて浸けます。

2日に1回全体を混ぜて3日間ほど漬ければ食べられます。

 

小林まさるさんおすすめは10日たってから

もっと美味しく食べごろ。

1か月おくと酸味が出てくるので早めに食べきるのが良い。

 

長期保存する場合は『冷凍保存』で2か月ほど保存可能。

 

きょうの料理10月号が9/21発売!

こちらも要チェック~~

 

最後に・・

まさる漬けは青とうがらしの辛さが癖になる!

周りの評判が良くて名前もつくくらいですから、相当美味しいんですね。

食べてみたい!

また、調味料としてもおすすめとのこと。

「イクラのしょうゆ漬け」のレシピも紹介してくれましたので

合わせてどうぞ^^

hiyokonoitoko.hatenablog.jp